1. HOME
  2. 会社案内
  3. SDGsへの取り組み

COMPANY

会社案内

SDGsへの取り組み

SDGS

持続可能な開発目標『SDGs』とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省HP抜粋)

SDGsの情報は外務省のHPをご覧ください ⇒ 外務省HP

 

〇安心・安全の取り組み

◆法令検診はもちろんの事、各営業所に血圧計や体温計を設置し、健康で安心して運行ができるよう気をつけています。
◆保有車両全車にデジタコを搭載し、運転内容を管理することで安心安全な運行で、業務が進められるよう環境整備をしています。
◆保有車両全車にAIドライブレコーダーNAUTOを導入し、危険運転防止に努めています。

搭載デジタコ:矢崎エナジーシステム株式会社 デジタルタコグラフDTG5

 

〇女性活躍社会の推進

◆女性が活躍できる職場環境づくりをすすめ、雇用を推進します。
◆女性管理者を登用していきます。

 

〇環境対応車の導入を促進しています

◆Co2削減を目標に掲げ、環境に配慮した新車(PM.Noxの低減車)を積極的に導入しています。
◆EVトラックの導入を促進していきます。

 

〇資格取得費用を全額補助しています

◆各種運転免許を毎年複数名取得させ、取得費用を全額補助しています。
◆過去運転免許取得実績表
免許種類 令和2年3月期 令和3年3月期
普通自動車
準中型自動車 3件 1件
中型自動車
大型自動車 1件 2件
けん引 2件 2件
フォークリフト 3件 4件
◆国家資格を積極的に受験させ、資格取得費用を全額補助しています。

 

〇ペーパーレス化を推進していきます

◆紙ベースの管理からデータ管理へ随時移行していきます。

令和3年3月期におけるA4及びA3のコピー用紙使用枚数は114,500枚でした。

令和4年3月期の使用枚数103,000枚以下を目標とします。

 

〇地域の子供たちの教育や活動に協賛していきます。

(社)日本快眠協会が目指す【自己肯定感のある逞しい子どもの育成】に賛同し。子どもたち自身が、楽しみながら「睡眠の知識の定着」と「睡眠への意識向上」を身につけられる『睡眠教育』を広くお届けできるよう活動を支援します。

楽しみながら学べるツールの1つが、「おねむりカルタ」です。カルタ大会やおねむり先生がカルタの内容(生活習慣やねむれるカラダのつくり方など)を解説するコドモ眠育講座の実施をサポートします。

 

◆(公社)全日本トラック協会青年部会が全国のの自動車教育課程を有する高等学校への整備実習用トラックの寄贈を応援します。

整備実習用トラックの寄贈は、平成27年度より青年部会の社会貢献活動の一環として、全国の自動車教育課程を有する高校へ行っており、令和2年度まで10校に寄贈している。